-->

駅/沿線/時間帯等希望の条件で先生を問合せ


トライアル・レッスントライアル・レッスン"


ETCの初回レッスンレポート ETCマンツーマン英会話初回レッスンレポート
ETCのマンツーマン英会話の最初のレッスンはどのように行われるのでしょうか?


ETCのカスタマイズド
レッスン・レポート
IMG_2179-140.jpg
外国人にピラティス指導がしたい生徒さんにはどんなレッスンを?

 

トップページ > 妻から学んだ日本人の英語上達の壁 クリントン先生(大岡山) ETCマンツーマン英会話

妻から学んだ日本人の英語上達の壁 クリントン先生(大岡山) ETCマンツーマン英会話

※小さいお子さんが増えたので当分個人レッスンはお受けできなくなりました。

ETCマンツーマン英会話 クリントン先生(大岡山)Q: お生まれはどちらですか?

アメリカ西海岸、オレゴン州で生れました。四人兄弟の末っ子です。母が音楽の先生だったので、子どもの頃は音楽に多くの時間を割きました。当時はバイオリンを演奏していました。その後、ギターとベースに転向しました。
I was born in Oregon. Oregon is on the West Coast of the United States. I am the youngest of four boys. So I have three old brothers and in my childhood often spent playing music, because my mom was a music teacher. She taught at a high school and she also taught privately. I did a violin for most my childhood. Then late on I switched to a guitar and a base.

Q: 日本にはどのくらいお住まいですか?

一年半くらいです。2008年12月に来日しました。日本人の妻と結婚したのは5年前。ポートランドに3年住んだ後に、現在の大岡山(大田区北千束)に引っ越してきました。

I lived in Japan for about a year and half. I came here in December of 2008. We got married 5 years ago. I have lived in America for 3 years. After we lived in Portland, we moved to here.


Q: とても素敵なお住まいですね。眺めもいいです。

そうですね。気に入っています。交通の便もいいんです。都内、横浜へのアクセスも便利。大井町線、目黒線上にあって、南北線、三田線にも繋がっています。大岡山自体には大学があるくらいですが。
It’s nice. We like it. It’s very convenient location. It’s easy to reach many different cities within Tokyo from here too as well. You can go to south to Yokohama easily. On Ooimachi and Meguro line, you can go on Nanboku line, Mita line, so. It’s not much here Ookayama here, just the university. But other than that, there’s not much to do here.


ETCマンツーマン英会話 クリントン先生(大岡山)Q: どんな音楽がお好きですか?

アメリカのピンク・マティーニというグループが良いですよ。ジャズだけでなくワールドミュージックなども演奏するんです。リーダーが僕と同じポートランド出身なんです。日本の伝統曲のようなものを演奏するんですよ。とてもクールで、上手いグループです。僕自身も現在ブルースバンドでベースを弾いています。来月の9月10日、赤坂のCRAWFISHというライブハウスで演奏します。ところでCraw Fish の意味はご存知ですか?「川エビ」です。
There’s a really good American band, Pink Martini. They do not only jazz, but also it’s like world music too. And actually the leader of Pink Martini is from Portland. It’s my hometown. They even do like traditional Japanese songs and staffs. It’s really cool. They are very skill band, very high level musicians. I play a base guitar in my blues band. I have a live next month, September 10th. We gonna play in Akasaka. It’s at a place called the “CRAWFISH”. You know what crawfish is?. 川エビ.


Q: ご職業は英語の先生ですね。

はい。足立区の中学校で半年前から教えています。
That is correct. I’ve been teaching at a junior high school of Odachi for the last 6 months.


Q: クリントン先生は上手な日本語を話されますね。

英語しか話せない先生もいらっしゃいますね。僕の目標は、日本語を勉強した上で、英語教育に役立てるということです。日本語の文法やできるだけ多くの語句を理解していることが、生徒のことを知る上で大切だと考えました。
So my goal was of course to study some Japanese so that I can teach English little bit better, because some teachers only speak English. It can be hard for the students. So I thought it’s important to understand Japanese grammar, and as much vocabulary as possible in Japanese to make it easy to understand for the students.

ETCマンツーマン英会話 クリントン先生(大岡山)妻がアメリカの大学に通っていたことも、そう考えるようになったきっかけです。全てが英語だったので、彼女にはとても大変だったのです。日本人の学生にとって英語がいかに難しい言葉なのかということを目の当たりにすることができました。日本人が英語を学ぶ際に直面する問題を私は理解できたように思います。
Basically the other thing is my wife went to American University. And it was very difficult for her, because everything is in English. So I was able to see how English can be very hard for Japanese students. So I was able to kind of understand different problems that many Japanese people face while learning English.


Q: 奥様は何を専攻されたのですか?

スピーチ・コミュニケーションです。大量の原稿を書き、プレゼンテーションを行います。ライティングは全ての生徒にとってとても難しいようです。彼女も苦労していました。
Well, her major was speech communication, making presentations and also a lot of writing. So writing could be very difficult for all students. It took her a while.


Q: 奥様が直面した課題はどのようなものだったのでしょうか。

彼女の課題は、自信を持つということでした。一年目は、会話能力よりも、そのことに苦労していました。もともと彼女が恥ずかしがり屋ということもありました。
I think her main problem was to have the confidence. It’s not only like the ability of speak, but also having the confidence for the first year, because by nature she is kind of shy.


Q: ライティングに関してはどのような問題があったのでしょうか。

クリントン先生(大岡山)例えば、ワードで文章を作成するときに、文法上の間違いをソフトが常にチェックしてくれるわけではありません。細かいことを言えば、ソフト自体が誤っている場合もありますし、冠詞の「a」か「the」のどちらを使うかも不正確ですね。また、単純に語句を選ぶだけでも難しい。文の組み立て方によって、他の語句を使ったほうが文章によりインパクトを持たせることができるような場合などもあります。時間をかけてたくさんの本を読み、ネイティブスピーカーと話し、そして数え切れないほどの時間を図書館で費やして、これらの事柄を彼女は修得しました。これらの努力が彼女の英語力を上級レベルにしたのだと思います。
You know, sometimes because when you are writing in Microsoft Word, many times Microsoft Word doesn’t catch all your grammatical errors. So lots of small thing like usually just wrong proposition, “a” and “the”, not knowing well put those. And sometimes just word choice simply. There’s other way to covey the meaning more impact depending on how you structure the sentence, which is to come with time from reading lots of books, being in native speakers and countless hours at the library. So I think it get her to the advance level.


Q:時間が必要なのですね。

そうですね。でも何か大きな目標を達成しようとするとき、またはその目標を達成するためにたくさんの時間が必要なときは、その時間分の投資をしなければなりません。
Yeah, but if you have a big goal, or if it gonna take a lot of time for you to reach that goal, you have of course to invest that time.


ETCマンツーマン英会話 Q: “Could”の使い方について質問があります。映画『アリス・イン・ワンダーランド』の最後のシーンで、マッドハッターがアリスにこういいます。「You could stay.」(ここにいれば?)マッドハッターは、アリスにいつまでもワンダーランドにいて欲しいのです。では、これを「You can stay」と言うと、ニュアンスにおいてどのような違いあるのでしょうか?

「You could stay here」のように「could」を使うことによって、「提案する」という意味合いになります。「帰る必要はないんだ。ここにずっといることだってできる」という選択肢を示しています。でも、「you can stay here」と言った場合は事実を述べているだけで、提案の意味合いはありません。ただ、この二つの表現の意味合いは似通っていて、違いも僅かです。
“You could stay here” is he’s using “could”. In that sense, it’s like “提案する”. He is suggesting. That is an option. “You could stay here”. If you say, “you can stay here”, Nuance is just a little bit different. It’s not as suggestive. It’s basically just stating the fact. “You can stay here”. it’s very similar in a meaning. But “You could stay here” sounds a little bit more suggestive. It’s not necessary for her to go back. It‘s just slight difference. You say like “I couldn’t that” is like. “I can’t do that”. It’s kind of, it’s basically slight difference. It’s basically the same.


Q: 意味合いが似通っていてはっきりとしないというこは、ビジネスではあまり使われない表現なのでしょうか?

ETCマンツーマン英会話 クリントン先生(大岡山)それは状況によると思います。ビジネスにおいてはあらゆる可能性を考慮して、たくさんの提案をしますからね。たとえば、あなたが大阪に出張するとします。「新幹線で行こうかな?」「新幹線でも行けますが、私だったらそうしないでしょう。飛行機で行ったほうが、同じ価格でより早く到着できますからね。」 「これもできる」「あれもできる」と言う様な複数の選択肢がある場合に、この表現(could)が使えると思います。
It depends on what the situation is, because, of course, in business there’re many possibilities you have to consider, right? There’re things you get suggested. Let’s say, you gonna travel to Osaka. It’s like “oh, I could go by Shinkansen”, You are like “yeah, you could go by Shinkansen, but I wouldn’t do that. just take a plain, because it is about the same price. And you can get there faster”. “You could take a train, but you’re better off taking a plain”. You have multiple choices. “You could do this”. “You could do that”.


☆クリントン先生出演のRadioETC

ビジネス英語で使える選択のcould
 

サービスの特徴/授業料

< 英語だけでなく、仕事のアドバイスも ジョン先生(等々力) ETCマンツーマン英会話 | 商談の英語力は実践的ロールプレーで ジェンマ先生(代官山) ETCマンツーマン英会話 >