-->

駅/沿線/時間帯等希望の条件で先生を問合せ


トライアル・レッスントライアル・レッスン"


ETCの初回レッスンレポート ETCマンツーマン英会話初回レッスンレポート
ETCのマンツーマン英会話の最初のレッスンはどのように行われるのでしょうか?


ETCのカスタマイズド
レッスン・レポート
IMG_2179-140.jpg
外国人にピラティス指導がしたい生徒さんにはどんなレッスンを?

 

トップページ > しゃっくりみたいなglottal stop〜『Only Fools and Horses』で笑いながらマンツーマン英会話(2)

しゃっくりみたいなglottal stop〜『Only Fools and Horses』で笑いながらマンツーマン英会話(2)

 前回「コックニー(Cockney)発音の特徴(1)〜Glottalling」で、コックニーの発音では、/t/の発音の代わりに、glottal stop(声門閉鎖音)が頻繁に使用されていると書きました。では、glottal stopはどんな風に発音したらよいのでしょうか。

 『English with Jennifer』の「Lesson 14 - Glottal Stop - English Pronunciation」の中に、分かりやすい説明がありましたので、ご紹介します。この動画ではGlottal Stopの発音方法を、「foutain」(噴水)という単語を使って説明しています。


 

- How do you make the glottal stop? -

 1)stop the airflow in your throat.
   Some pleople compare to hiccups.
   (息の流れを喉で止めてしまいます。
    しゃっくりに例える人もいます。)

 2)The key is to try holding your breath not with your lips or tongue,
   but with your throat muscles.
   (キーポイントは唇を閉じたり、舌を使うのではなくて、喉の筋肉をつかって呼吸を止めること)

 3)Then release the air by relaxing your throat muscles.
   (呼吸を止めたら、今後は喉の筋肉をリラックスさせて息を吐き出します)


 単語の途中で「音を飲み込んでいる」ように聞こえるコックニーの秘密が、少し分かってきましたね。

ETCマンツーマン英会話プライベートレッスン English with Jennifer 『English with Jennifer』の動画は、「canとcan'tの聞き分け方」でも、ご紹介しましたお奨めのコンテンツです。アメリカ人のJennifer先生が、英語の文法、ボキャブラリー、そして発音等について、本当に決め細やかにレッスンして下さっている様子を、YouTubeで動画配信しています。

 特に効果的なのは毎回レッスンの最後に収録されているExercise。 Jennifer先生の説明がとても分かりやすいため、100%理解できたような錯覚に陥るのですが、実際にExerciseで確認してみると、まだまだ完璧でないことに気づきます。

 引き続き、勉強して行きましょう。楽しみながら。

 

 


 

 

 

 

サービスの特徴/授業料

< コックニー(Cockney)!〜BBCコメディで笑いながらマンツーマン英会話(1) | H-Dropping(h音が脱落)〜『Only Fools and Horses』で笑いながらマンツーマン英会話(3) >