-->

駅/沿線/時間帯等希望の条件で先生を問合せ


トライアル・レッスントライアル・レッスン"


ETCの初回レッスンレポート ETCマンツーマン英会話初回レッスンレポート
ETCのマンツーマン英会話の最初のレッスンはどのように行われるのでしょうか?


ETCのカスタマイズド
レッスン・レポート
IMG_2179-140.jpg
外国人にピラティス指導がしたい生徒さんにはどんなレッスンを?

 

トップページ > スコットランド英語"maid"の発音〜映画『Gosford Park』でじっくりとマンツーマン英会話(3)

スコットランド英語"maid"の発音〜映画『Gosford Park』でじっくりとマンツーマン英会話(3)

Gosford Park ETCマンツーマン英会話 関係がないと思っていた別々の事柄が、実は全てがどこかで繋がっていることに気づくことがあります。

 映画『Gosford Park』で、スコットランド人のメイド役を演じた女優ケリー・マクドナルド(Kelly MacDonald)さんも、そう思わせてくれた人の一人です。

 ケリーさんはスコットランド、グラスゴーの出身。 スコットランド出身の作家ジェームス・マシュー・バリー氏を描いた映画『Finding Neverland』にも出演されていました。映画の中に登場する舞台で、ピーターパンを演じています。そして、デビュー作はこれもスコットランド映画の『Trainspotting(トレインスポッティング)』です。

 『Gosford Park』では、新人のメイド、メアリー・マキーシュランを演じています。ヘンリー・デントンが喋るいんちきスコットランド英語と、彼女の喋りを比べてみると、本物のスコットランド英語にはどんな響きがあるのか、その違いが分かるような気がします。

 スコットランド英語では二重母音の/ei/が次のように変化します。

  /ei/ ⇒ /e/

 次の映像で、出演者が発音する"maid"に注意して聞いてください。他のイングランド人が

  maid /meid/

と、発音しているのに対して、メリーは

  maid /med/

と発音しているのが分かります。敢えて、カタカナで書くと「メイド」に対して、「メード」もしくは「メッド」と言っているように聞こえます。

 また、イングランド英語にはない、スコットランド英語独特のイントネーションも印象に残ります。慣れてくると、それが妙に心地良くもあります。


- What do you expect from a woman without her own maid?
 (メイドもいない女だもの。期待しちゃだめよ)
- Lady Lavinia says a woman who travels with no maid has lost her self-respect.
 (メイドもなしで旅行する女は落ちぶれ者)
- She calls it "giving in."
 (ラヴィニア様の口癖よ)
- I don't have a maid. I haven't given in.
 (私にはメイドはいないは。でも落ちぶれてはいない)
- That's different.
 (立場が違うわ)
- Why?
 (どうして?)

- What's your name?
 (君 名前は?)
- I think here I'm called Trentham.
 (ここでは、ミス・トレンサムて呼ばれていると思います)
- No, I meant your real name.
 (本当の名前だよ)
- Oh. Mary. Mary Maceachran.
 (メアリー・マキーシュランです)
- Blimey. What does Her Ladyship call you?
 (うわ、難しい名前。伯爵夫人は君を何と?)
- Well, she should call me Maceachran, now I'm a lady's maid. That's what my mother says.
 (名字を呼び捨てするのが普通と聞いていますけど)
 But Her Ladyship can't pronounce it, so she calls me Mary.
 (発音しにくいので"メアリー"と)
- I don't blame her.
 (だろうね)

(*)
 「given in」 = 「お手上げ」、「望みがない」

 「blimey」 = 「これは驚いた!」「blind me!」を短縮した俗語、怒り、驚き、興奮などを表現します。


 スコットランドに惹かれる理由は、垢抜けない純朴さからくる安心感にあるような気がします。そして、それをケリーさんが演じてくれているのだと思います。


※ETCマンツーマン英会話 イギリス出身の人気先生インタビュー
 ▽チャールズ先生(横浜関内)
 ▽コリン先生(目白)
 ▽パトリシア先生(浮間舟渡)
 ▽アリソン先生(生田)
 ▽ジェンマ先生(代官山)
 ▽ジョン先生(等々力)
 ▽マイク先生(富ヶ谷)

※参考図書
 ▽英語音声学音韻論入門 (Philip Carr 著)
 ▽クラース イギリス人の階層 (ジリー・クーパー 著)


 

 


 

 

 

 

サービスの特徴/授業料

< スコットランド英語"about"の発音〜映画『Gosford Park』でじっくりとマンツーマン英会話(2) | スコットランドの歴史が分かる映画〜『Braveheart』でじっくりとマンツーマン英会話 >