トップページ > NEWSに夢中!- ETC英会話プライベートレッスンブログ メインページ > ノーベルに多大なる影響を与えた女性 ベルタ・ズットナー

NEWSに夢中!- ETC英会話プライベートレッスンブログ

インターネットのおかげで世界中の出来事を簡単に動画で見ることができるようになりました。

カトリーナ被害について、涙まじりに解説する女性キャスター、
広大な牧草地をバックに、自らの自由について静かに語るチベット人、
家族を亡くし、住む土地からも追われたことを繰り返し訴えるコンゴ人女性。
どれもみな、とても大切なことを伝えてくれようとしている。

でも、僕は彼らが話す言葉のすべてを理解できずにいます。
靄の中にぼんやりと浮かんでいるような言葉の輪郭を、もっとちゃんと確かめたい。
その手がかりとなる英語にもう一度向き合ってゆくことにしました。

非営利の独立系ニュース番組『デモクラシー・ナウ!』の動画ニュースを中心に、
今地球上で起こっている様々な事柄に触れてゆきます。

学んでゆくのはETC会員の僕、青樹洋文
サポートしてくれるのはETCのカーラ先生です。

 

2008年12月11日

ノーベルに多大なる影響を与えた女性 ベルタ・ズットナー

Bertha Felicitas Sophie Freifrau von Suttner (Baroness Bertha von Suttner)
かつてビジネススクールに通っていた頃、組織行動学の先生がこんな表現を教えてくれました。

 Behind every successful man, there is a woman.

以下は、先生の解説

「成功の影に女あり。ほら、皆さんにも、いつも側にいて、あーでもない、こーでもないと、がみがみ、うるさく、やかましく言ってくれる女性がいるでしょ? お母さんとか、彼女とか… その人のことを大切にしなさい、という意味ですよ。」

さらに着目すべきことは、この女性が単数形(a woman)であること。
 
 
成功の影にいる女性は複数ではないのです。たった一人の女性なのです。

そう、これを読んでいる貴女のことです。

ですから、もっと"がみがみ"言ってあげましょう!

そして、男性諸君、その人の言葉に耳を傾けましょう。
 
 - ☆ - ☆ - ☆
 
今日もDemocracyNow!12月9日の配信分から。
テーマは、『ノーベル賞の歴史、ダイナマイトを発明した人、アルフレッド・ノーベル』。エイミーさんは、ノーベルに多大なる影響を与えたといわれる女性、ベルタ・ズットナーについてノーベル博物館館長のピーターさんに質問します。
 
_______________________________________________________________________________

AMY GOODMAN: Can you talk about Baroness von Suttner, the 1905 Nobel
Peace Prize winner, and her influence on Alfred Nobel in setting up
these prizes?

1905年にノーベル平和賞を受賞した、ベルタ・フォン・ズットナーついて、
話していただけますか。そして、アルフレッド・ノーベルがノーベル賞を開
設する際に、彼女が与えた影響について。


PETER ZANDER: She had a great influence. (中略)

So the Baroness von Suttner, or the Countess Kinsky, as her name was
at the time, she was hired as the secretary of Alfred Nobel in a safe
distance from Vienna. She stayed there just for a couple of weeks and
went back to Vienna, though I think during those weeks she inspired
Alfred about a great deal in what was an important question to her,
namely peace.

彼女はとても大きな影響を持っていました。 (中略)

ベルタ・フォン・ズットナーはアルフレッド・ノーベルの秘書として雇われ、
ウィーンから通うことになります。アルブレッド宅に数週間滞在しては、ま
たウィーンに戻ってくるという生活を送っていました。これらの期間、彼女
にとっての重要な課題、つまり平和について、彼女はアルフレッドに非常に
大きな影響を与えたのだと思います。

And she became one of the really early leading peace activists at the
turn of the century. She wrote a book called Die Waffen nieder!, or
Lay Down Your Arms!. Everyone read it, even Alfred Nobel. And I know
that he supported her peace campaign a lot, though they never really
agreed. He actually said that “I think my dynamite might cause more
peace than your struggle.” But he believed in her, anyway. So, many
people say that the peace prize, the way he mentioned it in his will,
is tailor-made for Baroness von Suttner.

そして、彼女は19世紀末において平和活動家として先駆者的リーダーの一人
となります。『武器を捨てよ』という本を書きました。皆が読んでいる本で
すが、同様にアルフレッド・ノーベルも読みました。そして、彼は彼女の平
和運動をかなり支援したようですが、しかし根本的なところではお互い同意
はしていなかったようです。実際彼はこんなことを言っています。

「君の闘争よりも、私のダイナマイトのほうがずっと平和に役立つかもしれ
ない」

しかしながら、彼は彼女を信頼していたことは間違いありません。そして、
彼の遺書に書かれているノーベル平和賞は、彼女のために作られたものだと
多くの方が言っています。

"DemocracyNow!"より (日本語訳:青樹)

_______________________________________________________________________________

2_Euro_coin_At.gif
 
現在のオーストリアの2ユーロ硬貨には
ズットナーの肖像が描かれているそうです。 
 
 
 
 
 
 

 
◎参考
▽ウイキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%BC

▽平和のために捧げた生涯
http://wirtschaftsmuseum.at/pdf/Suttner_jap.pdf

▽武器を捨てよ!
http://books.google.co.jp/books?id=m5NGgrX-BkgC&printsec=frontcover&as_brr=3&source=gbs_summary_r&cad=0

| >

RadioETC
このバナーをiTunesの[Podcast]にドラッグ&ドロップすると登録できます。