トップページ > NEWSに夢中!- ETC英会話プライベートレッスンブログ メインページ > ダイナマイトを発明したアルフレッド・ノーベルとノーベル賞

NEWSに夢中!- ETC英会話プライベートレッスンブログ

インターネットのおかげで世界中の出来事を簡単に動画で見ることができるようになりました。

カトリーナ被害について、涙まじりに解説する女性キャスター、
広大な牧草地をバックに、自らの自由について静かに語るチベット人、
家族を亡くし、住む土地からも追われたことを繰り返し訴えるコンゴ人女性。
どれもみな、とても大切なことを伝えてくれようとしている。

でも、僕は彼らが話す言葉のすべてを理解できずにいます。
靄の中にぼんやりと浮かんでいるような言葉の輪郭を、もっとちゃんと確かめたい。
その手がかりとなる英語にもう一度向き合ってゆくことにしました。

非営利の独立系ニュース番組『デモクラシー・ナウ!』の動画ニュースを中心に、
今地球上で起こっている様々な事柄に触れてゆきます。

学んでゆくのはETC会員の僕、青樹洋文
サポートしてくれるのはETCのカーラ先生です。

 

2008年12月10日

ダイナマイトを発明したアルフレッド・ノーベルとノーベル賞

200px-AlfredNobel.jpg
12月9日のDemocracyNow!
のテーマは、『ノーベル賞の歴史、ダイナマイトを発明した人、アルフレッド・ノーベル』です。

▽The History of the Nobel Prize: A Look at Alfred Nobel, the Man Who Invented Dynamite

さて、そもそもノーベル賞は、どのようような経緯で始まったものなのでしょうか。ノーベルが爆弾の製造によって得た莫大な資産が、この賞の基金となってるとのことは有名ですね。

でも、なぜ?

ぼくは、賞を開設するまでにいたったノーベルの思考過程、葛藤、苦悩のようなものを感じてみたいと思いました。

_______________________________________________________________________________

AMY GOODMAN: So talk about how the idea of the prizes came to him.

PETER ZANDER: I think that he suffered a little from what people had said about him. They said that he was trading with death. And he wanted to make up. So that may be the reason why there is a peace prize. Of course, he never explained why.

"DemocracyNow!"より

<<日本語訳>>

エイミー・グッドマン: さて、ノーベルはノーベル賞のアイディアをどのようにして思いついたのでしょうか。

ピーター・ザンダー(ノーベル博物館館長): 彼は、人々の彼に対する評価に少々苦しんでいたのだと思います。皆こう言っていました。ノーベルは人の死で儲けていると。そして、彼はその償いがしたかった。ノーベル賞に平和賞があるのは、この理由からかもしれません。もちろん、彼自身はその理由については一切語っていません。 (訳:青樹)
_______________________________________________________________________________


 ノーベルは生涯結婚することがなかったため、子どももいませんでした。
 よって、莫大な資産をもった彼にとって、死後この遺産がどのように使われるかは
 とても大切な課題でした。

 死の約一年前に、ノーベルは次のような遺言書を書いていたそうです。

_______________________________________________________________________________


 私の遺産を次のように処分してほしい。遺言執行人は、確かな有価証券に遺産を投資し、それで基金をつくる。これによって生じた利子を5等分し、毎年その前年度に人類に最もつくした人々に賞金を与える。

 物理学の方面で最も重要な発明や発見をした者。
 最も重要な化学上の発見や改良をした者。
 生理学または医学で最も重要な発見をした者。
 理想主義的文学についていちじるしい寄与をした者。
 国家間の友好関係を促進し、平和会議の設立や普及につくし、
 軍備の廃止や縮小に最も大きな努力をした者。(後略)

   『世界の科学者100人―未知の扉を開いた先駆者たち』より


_______________________________________________________________________________


 この遺書によって処分された基金は約3300万クローナ。

 授賞式が行われる今日12月10日は彼の命日。
 享年63歳でした。
 

| >

RadioETC
このバナーをiTunesの[Podcast]にドラッグ&ドロップすると登録できます。